【後編】厄年なのか何なのか

 

 

不運が続くと「何か憑いてるんじゃないか?」なんて思って、普段気にも留めない占いを見たり、おかしな事になってきます。

で、見事に「大殺界」とか言われたりして。

厄年なんかも今まで一切気にした事なかったのに、日頃の運が悪いと「もしかしたら・・」とか考え出したり。

 

そこで長年の疑問。

自分は男と女、どっちの厄年になるんだろう?

 

まず生まれは男で、タイで手術はしたものの戸籍までは変えていない。

工事を済ませても「染色体が全て」「戸籍の性別欄が全て」と言われればそれまでだし、「男でも女でもない」ので「厄年の概念を当てはめることが出来ない」と言われたら有り難いけど「男女両方」というパターンもある。

 

とりあえず現実として酷かったので「今年が厄年だった」ということにしておきたい、ということで早見表を見てみると・・

これまた微妙な事に「女の前厄」に当てはまるんですね。

この内容で序章と言われたら・・来年の今頃はもう、この世にいないでしょう。

 

 

 気を取り直して、前編の〈買い物〉の話に戻ります。

今年は母が新車を買ったことで、新しいスタッドレスが必要になりました。

そこで19年新車外し&傷歪みなし&お買い得価格の三拍子が揃った良物件を探してきたのですが・・

f:id:inodango:20191228180730j:plain

なんで・・4本とも・・傷だらけやねん!!

プチプチで綺麗に梱包されていたので、丁寧なお店だな〜なんて思った私が馬鹿でしたよ。

一体どんな検品をしたら「傷なし」の判定になるのか、小一時間問い詰めたい*1

クリアー層で止まってくれていたら・・という願いも虚しく、残念ながら樹脂層までいっちゃってます。

恐ろしいほどに断ち切れぬ負の連鎖。 

 

ちなみに傷の周りの、若干色が濃い部分は私が研磨した跡。

購入店に「いっぱい傷あるんだけど試しにコンパウンドかけてみて良い?」って聞いたら「いいですよ」と言われたので、遠慮なくやらせて頂きました。

クリアー層が思いの外薄く、シルバー層まで禿げ散らかす事になろうとは、思ってもみなかったけどね。

一応「傷のぶんは返金します」という事だったので、後はこっちで頑張ります。

 

 

 そんなこんなで、キャップは自分で再塗装(地獄)すると決めた訳ですが・・。

今まで一度もABS樹脂に塗装した事ないんだよなぁ。

しかも話によると溶剤にやられてぐずぐずに崩れるとかなんとかで、負のスパイラル一直線じゃないですか。

 

一応元の塗膜もあるし、溶剤がすぐに揮発するくらい絞って吹けば・・なんとかなるよね。

水性塗料にも溶剤は入ってる訳で、塗料の選択肢や塗膜強度まで考えると、下手に逃げても得はない筈。

ここは男前にラッカーで行きます。

 

あとは細かい・・けど大事な部分の選定。 

プラモと実車はスケールも、使用環境も違う。

模型ならシルバーの粒子が細かい方が良いけど、実車に塗ると塗装面のフラットさが強調されて安っぽい感じor太刀魚みたいな感じになりそうなので、純正塗料のように出来るだけ粒子が粗いものを選びたい。

しかも外は紫外線が強いので、出来る限り黄変しないものが望ましい。

 

なんか良いものはないかな〜?と物色した結果、こうなりました。

f:id:inodango:20191228180754j:plain

シルバーは粒子の粗さ、メタリック感ともに純正に近い「シャインシルバーメタリック」。

クリアーはUVカット効果に期待して「スーパークリアーIII」を選びました。

 

シルバーについてはネットに各種比較記事を上げてくれている方がいたので、本当に助かりました。

14インチのホイールキャップだし、各色2本あれば足りるよね・・?(筆塗り脳)

あとは静かで可愛いくて非力なプチコンキュートと、昨年買って未だに使っていないHGトリガーブラシで塗りたくるだけ。

 

非力なプチコンと粒子の粗いメタリック塗料が奏でる地獄のハーモニー*2心が折れるか、それとも・・・。

なんとか、うまく塗れますように!

 

*1:某巨大掲示板等でよく目にしたフレーズ。最近とんと見なくなったような・・。もちろん実際に問い詰めたりはしません。

*2:全開で吹いてもパワー不足で詰まる、ダマが塗装面に飛ぶ、クリアー吹いたらムラになる、研ぎ出しすぎて1からやり直しetc・・。