いのだんごの丹後ネコ歩きmini

 

舞鶴赤れんがパークのニャン

f:id:inodango:20180830212307j:plain

Nikon FEの初撮りで訪れた、舞鶴赤れんがパーク。平日ですが夏休みのため、意外に人は多かったです。

到着したのが3時頃だったので、上の写真(4時頃)では陽が傾き、半逆光の少し苦しいコンディションとなっています。

同ポジでFEと撮り比べをしてみたので、あちらの結果も気になるところ。

 

 

f:id:inodango:20180830212311j:plain

ふら〜っと歩いていると、倉庫の倉庫(この表現で合っているのか?)の陰で、まさかの猫様を発見!

職員の方の邪魔にならないように、ささっと撮らせて頂きます。

観光地って意外に猫が多い気がするのですが、気のせいでしょうか?

おかだんごが「この写真は大きいサイズで載せるべき!」と言っていたので、こちらで見れるようにしておきました。

(オーバーで撮ってしまい、ハイライトが飛んでいるので苦しいです。)

 

f:id:inodango:20180830212317j:plain

しばらくすると、おかだんごがやって来ました。撫でくり回され、気持ち良くて仕方がない猫氏。

よく見ると、後足の肉球の色が左右で違います。前足は両方白なので、ひとつだけ靴下を履き忘れたかのようです。

ちなみに人間の全身は載せちゃアカン!ということで、泣く泣くトリミングしました。

この回ではバッチリ写っているのにね。掲載コードが難しい。

 

f:id:inodango:20180831010438p:plain

帰り道。フロントガラスが汚すぎて、夕日の反射で前が見えない!

おかだんごはこの偏光グラスを掛けてるいるので「すごく見やすい♪」と言いながら運転していました。さすがは視力2.0。