カスタムレンズと一眼レフ恐怖症

 

f:id:inodango:20180825002520p:plain

 修理から戻った父の遺品・Nikon FEに人生初のリバーサル、ベルビア100を入れて意気揚々と家を出たのは先週のこと。 

初めは赤煉瓦で、平成最後の夏空をバックに撮影。

カメラを構え、ファインダーを覗き込み、ジリジリと構図や露出補正を決め込んでシャッターを切ると・・

瞼が接眼目当てに当たって、レンズがポロっと落ちてしまった。コンタクトレンズが。

 

落ちた!!と慌てておかだんごを呼んで地面に這いつくばり、二人掛かりで探す。

すると無事、足元に落ちている所を発見。あぁよかった、と再度装着して事無きを得る。

 

 そして次の日。台風が来そうなので買い物のついでに少し撮って行こうと、道中の公園に寄った。

装備は前日に引き続き、首からFEと25-50mmをぶら下げて、右肩にPENTAX MX-1。

てくてく歩き、キラキラ光るポールのオブジェに近寄って、カメラを構えファインダーを覗き込んだ次の瞬間。

 

あーーーーーッ!!

 

・・という叫び声も虚しく、またもやコンタクトがポロリ。

しかも、普段なら足元に落ちるところが、運悪く強風に飛ばされてしまったようで、まるでどこに行ったか分からない。

おかだんごを呼び、這いつくばって探すも全く見当たらず、たまに落ちているガラス片の煌めきを見てはぬか喜び。

結局コンタクトは見つからず、おまけに眼科も休診日ときて、沈んだ心で買い物を済ませ、帰宅。

 

f:id:inodango:20180824224050p:plain

「接眼目当て」の出っ張り。瞼の接触事故が絶えないが、目を近づけなければ中がよく見えない。

 

 実は私が使っているコンタクトレンズ、カスタム品なんです。

それはなぜか、と言うと・・

千人に一人と言われる「円錐角膜」という病気なんです。

普通なら黒目の表面がレンズ然とした綺麗なドーム状に保たれるところが、中央の厚みが薄くなることでマッターホルンのような形に盛り上がり、視力が徐々に失われていく遺伝子異常。

 

円錐角膜とは

  • 角膜の中央部の厚みが薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出する病気である。 角膜の歪みによる乱視が生じ、視力が低下する。若年層の発症が多く、10代〜20代が最も重くなり、その後は徐々に進行がおさまっていくケースがほとんど。明確な原因は今のところ不明.. 続きを読む
 

 

その角膜の盛り上がりを抑え込むため、視力の矯正を兼ねて毎日ハードコンタクトで押さえつける必要があるのですが、この角膜の盛り上がり方が人によって千差万別で、普通のハードコンタクトではうまくフィットせず、短時間の装着でも痛みが出て着けていられない状態になってしまいます。

そこで各人の目に合わせた「カスタムコンタクト」が必要になってくる、という訳です。

カスタムレンズ自体の存在は非常に有難いのですが、困ったことに、レンズカーブが普通のコンタクトレンズより緩いので、ポロっと行きやすいんですよね。しかも、高い。

 

 そこで先日、新しいレンズを頼むために眼科へ行ってきました。

 診察はさくっと終わり、レンズも翌々日には届くということで、ひとまずは安心、といったところですが・・。

 

f:id:inodango:20180829213954j:plain

カスタムてんこ盛りの図。左下の「加工 MZ」は「ミゾ」のこと。

 

 FEの初撮りが散々な結果に終わったことで、一眼レフの使用についても根本的に考え直さないといけないですね。

普通の人のように余計なことを考えずファインダーを覗き込み、シャッターを切るためには、私の体は少し都合が悪い。

撮るたびにレンズを失くしていたら、フィルム代どころか、毎回コンデジが買えるほどの出費になってしまいます。

まさか、こんな展開になろうとは・・。