黄色い猿に触発されて象を飼い始めた

 

f:id:inodango:20180808205636j:plain

この前、昔のライブDVDを観たおかだんごが最高に興奮していたので、新しい盤をこっそりプレゼントしました。

凄く喜んでくれて、鑑賞中はテレビの前で飛んで跳ねて、アリーナさながらの大フィーバー。

独身時代は相当通いつめていたらしく、結婚してからは1回も行っていなかったので、相当溜まっていたんだと思う。*1

そうやって二人で「ギター弾けるとか凄いねー、自分達も弾けたらなぁ・・」なんて話をしていました。 

 

 

f:id:inodango:20180808205701j:plain

おかだんご様お待ちかねの大きな荷物。これはまさか・・!

 

 

f:id:inodango:20180808205749j:plain

スチロールに包まれた、黒いものの姿がうっすら見える。 さ〜て中身はなんじゃろな♪

 

 

f:id:inodango:20180808205754j:plain

じゃーん!オレンジのぞうさん来たー!! 

FERNANDES(フェルナンデス)というメーカーのZO-3(ぞーさん)。

アンプ&スピーカー内蔵のエレキで、東北限定18年夏モデル('18 VO/M)らしいです。全12台のうちの1台が今、ここに。

正直、すごく可愛い。

 

 

f:id:inodango:20180808212952j:plain

いろんなモデルがあるんだぞう!簡単な説明だぞう!

でも流石に簡単すぎる気がするぞう?電池関係の事がどこにも書かれていていないぞう!!(しつこい)

私はネットで事前に調べていたから良かったけど、知らずに買ったらちょっと面倒なことになりそうな気がする。

 

 

f:id:inodango:20180809012742j:plain

ということで、一緒に買っておいた6P型充電池。

国内ブランドでは東芝が唯一充電式を出していて、値段も非充電式の3〜4倍程度なのでかなり経済的。

この型の電池を使うなんて、小学生の頃に遊んだラジコンの、プロポ用以来じゃないか?

今では6Pと聞けば「それチーズでしょ?」という脳みそになので、9V電池と呼ぶ方がしっくりくる。

 

 

f:id:inodango:20180808205704j:plain

ピックは近所の楽器店で購入。可愛い袋が◎

田舎の小さいお店なので、おかだんごの欲しいものがあるか不安だったけど、ちゃんと売ってた。

 

 

f:id:inodango:20180808212737j:plain

JIM DUNLOPのTORTEX STANDARD 0.60mm。

詳細はよく分からんが「イエローモンキーの吉井さんが使ってるのと同じやつ」という理由により一瞬でコレに決定。

こういう時に山ほど種類がある中で「どれが良いのかな〜」と悩まなくて良いのは凄く有難い。 

しかも偶然オレンジ色だった(厚さごとに青や緑といった感じで色が違う)ので、ギターとのコーデもばっちり!

 

 

f:id:inodango:20180808212809j:plain

おかだんごによる弾き初め。

おそるおそる弦を弾いてみる。

ぞうさんの目が白飛びしてちょっとコワイ。(肉眼だとちゃんと赤色に見えるので可愛い)

そういえばこの手の形、「初心者にありがちなピックの握り方」に載ってたのと同じだ。

いよっ、さすが初心者!

 

 

f:id:inodango:20180808212824j:plain

これ、けっこう音ずれてるよね?なんて言いながらチューニングをはじめる。

チューナーがないので、とりあえずスマホのアプリ(BOSS=Roland製)でやってみる。

 

 

 

f:id:inodango:20180808212827j:plain

ペグをクニクニして張力を調整し、指定の音程(Hz)に合わせる。

 

そうえいえば、おかだんごは中学のときに音楽の授業でギターを少しやっていたらしい。(しかも吹奏楽部)

私の学校ではそんな授業はなかったので、絵の世界でいう「美大コンプレックス」的なものを無駄に感じる瞬間だ。

同じ絵描きでも「美大を出た人の方が絵が上手い」なんてことは一切なく、結局は本人の資質に依るところが大きいのだけど、コンプレックスとはそういうものだ。

 

 

f:id:inodango:20180808212843j:plain

おかだんごが音楽ならこっちは図工だ、ということでピックガードを作り始める。

プラ板がないので厚紙とマスキングテープを使い、図面も書かずに勘でチャチャッと作る。

で、出来上がったらギターに装着!

 

 

f:id:inodango:20180809193733j:plain

うーん、我ながら良いデキだ。サイズもバッチリ。

白じゃつまらんかなーと思ってタミヤの黄色いマステをボール紙の上に貼ったら、白成分が思いのほか下地効果を発揮して予想外に鮮烈なイエローになってしまったけど。

やたらチカチカ目立つので、紛らわしに「れんしゅうよう」と書き入れたところ、旧海軍の練習機もこの本体と同じ橙色だった事を思い出して、これが由緒正しき練習機の佇まいよのォ、なんて悦に入ってみたりして。

 

 

f:id:inodango:20180808212906j:plain

更に追加工作。細いマスキングテープをフレットに貼って偏磨耗防止を狙ってみる。

こんな事をしているのは世界でもウチだけだと思うけど、二人の素人が取っ替え引っ替え使うことで起こる偏磨耗対策を最優先に考えないと、ギターなんて幾つあっても足りないよね。

マステは和紙なのでそれなりに強度もありつつ、磨耗しても交換が容易、糊も残りにくく「どこがよく摺れているか」という場所(癖)の把握にも好都合なので、けっこう悪くないんじゃないかと思っている。

それにしてもおかだんごの手、ぷくぷくや。。(おかだんご肥え過ぎ説)

 

  

f:id:inodango:20180808234202j:plain

ドレミがなんとなく弾けるようになって気をよくしたおかだんご氏、印刷したコード表を見つつステップアップを目論むの図。

調子に乗って「いのっちは前歯出てるから歯ギター向き」などと言いたい放題言った挙句、「私の手小さすぎ!」などと怒り始めるのだが、あなたのミニマムハンドを考えて普通のギターより小さいZO-3にしたんだよ?これより小さいのなんて大人の科学のミニエレキウクレレくらいしか無いYO?つべこべ言わずに弾きやがれYO!!

 

 

 とりあえずはこんな感じでやってますが、ギターは放っておくとネックが反るので吊るすタイプのスタンドが必要だとか、使い終わったら弦を緩める派・緩めない派が存在し抗争を繰り広げているとか、知らない事だらけな上に沼のように奥が深くて、恐ろしい所に首を突っ込んじゃったな〜と今更ながら思います。

 

 

*1:おかだんごは宗教上の理由でTHE YELLOW MONKEYの話をブログに書けないとかなんとかで、こっちでコッソリ公開した次第。