去年の今頃を振り返るの巻

 

f:id:inodango:20180803012651p:plain

今年の夏はどこにも行かなかったので、気晴らし半分に去年の今頃を振り返ってみる。

写真は舞鶴砲雷撃戦(艦これ同人誌即売会)と、その開催にちなんだコスプレ会の様子。

プリプリの可愛いお姉さんから気合いMAXの男の娘、軍装男子まで多くの人がイベントを通し、交流を深めている。

たまたま赤レンガに寄ったらこのイベントに遭遇して、場所が場所なら田舎でもこういう事やってるんだなぁと、少し懐かしい気持ちになりました。*1

 

 

f:id:inodango:20180803012652p:plain

おそらく舞鎮鯖の皆様。

もうちょい詳しく言うと、艦これ舞鶴鎮守府サーバーに着任している提督方のリアル集会・・という感じでしょうか。

私は13年秋からパラオ泊地に居て、何度か舞鎮に異動願いを出した事があるんですが、そのたび見事に落選致しました。

内地勤務は遠いですね〜。

 

 

f:id:inodango:20180803012716j:plain

どーん!うにいくら丼!!

今度は所変わって舞鶴とれとれセンターです。

ミョウバンなんて使っていない本物のプリプリウニが、モリモリすぎてウハウハでもう大変。 

 

 

f:id:inodango:20180803012718j:plain

お寿司は美味しそうなネタを一貫ずつ注文。

舞鶴でとれたと思しきネタは抜群に美味しくて、遠くの海からやってきたと思しきネタはフツーな感じでした。

まあ、そうなるな。

 

 

f:id:inodango:20180803012721j:plain

これをね、幸せすぎてニヤニヤしっぱなしの顔で頬張るわけです。

そしたら口の中で、いくらがプチュゥゥ〜ッ!! うにがプチュゥゥ〜〜ッ!! ですよ。罪な写真だ。

 

 

f:id:inodango:20180803012745j:plain

あきづき型護衛艦4番艦「ふゆづき」。

僚艦防空能力のある、対空重視の艦と言われています。

私はイージス艦よりこちらの方が好き。

建造費は750億円らしいですが、フリマアプリの年間経済効果や東京ディズニーランドの新エリア総工費も750億円らしいので、中身を考えるとTDLが一番凄いお金の使い方をしてるかもな〜、なんて思ったり。

では、赤レンガに戻ります。

 

 

f:id:inodango:20180803012753p:plain

開いたままの南京錠。さては、誰かが面白がって付けた?

 

 

f:id:inodango:20180803012802p:plain

日暮れとともに、倉庫の壁に映し出されるメッセージ。これからイルミネーションが始まるようです。

 

 

f:id:inodango:20180803012806p:plain

艦隊が投光されてからの、サイケ光線。トリップしちゃうぅ〜!!

 

 

f:id:inodango:20180803012813p:plain

お腹が減ってきたので、おかだんごはケバブを食べる。私も少し貰った。

すごく美味しかった。

 

 

f:id:inodango:20180803012816p:plain

私は舞鶴海軍カレー。これも美味しい。

カレーといえば先月、自衛隊のフェスに行って艦毎のカレーを食べる計画を立てていたのですが、暑すぎて死ぬ!ということでお流れになったんですよね。

ヤバ過ぎるぞ、平成最後の夏! 来年は新元号のもとにリベンジだ!!

 

 

f:id:inodango:20180803012829p:plain

夕食が終わったら、花火が上がり出したので港の波打ち際へ。人も犬もみんな花火を楽しんでいます。

 

 

f:id:inodango:20180803033051j:plain

だんだん大きいのも上がりはじめたので、ちょいと場所移動。

 

 

f:id:inodango:20180803033059j:plain

さらに連発が続きます。警備員のおじさんも思わずチラ見。

 

 

f:id:inodango:20180803033101p:plain

望遠端+驚異の手持ちISO100で収めた1枚。屋根のシルエットに花火が映えるねェ〜!!

 

 

f:id:inodango:20180803204341p:plain

帰りに撮った倉庫の壁。ライトアップに蔦が良い味出してます。

 

 

f:id:inodango:20180803204400j:plain

所変わって高浜の海水浴場。

 

 

f:id:inodango:20180814221116p:plain

灯篭の海。一般的にはキャンドルと言うらしい。

和紙と竹で出来てないものは灯篭とは呼べねぇな!みたいな?

 

 

f:id:inodango:20180803204437p:plain

人生初!砂浜で寝そべっての花火大会。最高でした。

半袖だと潮風で寒いくらいなので、次に行くときは長袖で行こう。(今年は一昨日に終わったので、来年以降だなぁ)

 

 

 

f:id:inodango:20180803204433p:plain

ヒュゥゥゥ〜! ドン!! シュゥゥウン! パパンパンッ!! ジュワァァ!!

いいですねー、色付きの火球が最後にスピードを上げて、キュゥゥン!と曲がっては消えて行く感じ。好きです。 

 

 

f:id:inodango:20180803204444p:plain

ヒュルゥゥゥゥ〜〜〜〜〜ッ・・・・ドドォーン!!!

打ち上げの真骨頂、大玉しだれ。コンデジでもちゃんと設定してやれば手持ちでしっかり撮れますね。

私は花火写真で定番の長秒シャッターは趣味じゃないので、最低限のシャッタースピードは稼いでいます。

あの「火の粉のジュワァァッ!っとした感じ」が写ってなきゃ花火じゃねえ、と思うタイプの人間なので。

 

 

f:id:inodango:20180803204445p:plain

ドバババババ・・・バリバリバリ〜!!!

こうやって急に横構図を要求してきたりするので、気が抜けません。

しかも連写が効かないぶん、最高のタイミングで、1回限りのシャッターを押さなければならない。

シャッターラグを計算しつつ集中力を高め、手に汗握り、一瞬を切り取る。

必要なものは「ハズレたっていいじゃないか」の精神です。

 

 

f:id:inodango:20180803204449p:plain

これでフィナーレ! めちゃ明るい!!

花火は待ってくれないので、ズームの待ち時間がもどかしい。

でも、そういうスパイスが効いているからこそ面白いのが、写真です。

結果的に「撮ってやった!」となれば万々歳。程々の制約を楽しむのが、趣味の醍醐味ですね。

 

さぁ、今年の夏はこのまま引きこもって終わるのか? 

 

*1:以前、同僚のコ◯ケ出店のお手伝いをしたことがありました。