ニコン・オールドカタログまつり

 

f:id:inodango:20180715030311j:plain

 

某フリマサイトで手に入れた、ニコンの旧カタログセット。

FEにFA、総合カタログにアクセサリー、価格表など「どストライク」な内容だったので速攻で確保しました。

気になるお値段なんと、全部で送料込み500円。出品者さん、良い物をありがとうございましたッ!!

 

 

f:id:inodango:20180715030321j:plain

まずはFEから。シンプルニコンだそうです。

余計な機能が付いていませんよ、ということかな?

 

 

f:id:inodango:20180715030404j:plain

んん〜、このレタリング感満載のフォント、良いですね〜。

海と空の蒼と碧、爆けるようなレモンイエロー。

感覚的にすばらしく良い感じが漂っております。おフィルムはベルビアでしょうか。

 

 

f:id:inodango:20180715030412j:plain

絞り優先オートが売りなんですね。普段私は絞り優先オートを99%くらい使っているので、ピッタリじゃないですか。

 

 

f:id:inodango:20180715030417j:plain

逆光をモノにしたいなら露出補正を使いこなせ、という話。

丁寧な文、そして見出しに溢れる征服欲。

 

 

f:id:inodango:20180715030425j:plain

電子回路のシンプルさが売りみたいですね。シンプルニコンの真髄かな。

ゴチャゴチャ詰め込むと複雑になるぶん、デリケートで故障しやすい。そういうのとは違うんだぜ!的なお話です。

今でもFEは修理OKの店が多い(つまり故障は電装系以外が多い)ので、この主張は間違っていなかった、ということですね。

 

隣のポンチ絵も実に良い味を出しています。極力フレキを使わず、リード線で配線しているのが素晴らしい。

昔ながらのメカニカルなパーツ群の中、ペンタ部にまるで電脳とばかり配されたメイン基盤。そしてその隙間を縫うように伸びたケーブルが織りなす、絶妙なサイボーグ感。一言でいうと「カッコイイ」という事です。

 

 

f:id:inodango:20180715030429j:plain

まさかこんな所にベアリングが入っているなんて・・。

 

 

f:id:inodango:20180715030435j:plain

比較としてFE2のカタログも見てみた。

うん。基盤がひとつ増えたぶん強化はされてるけど、あくまで「基本はシンプル」と言う感じ。良い流れです。

シャッター幕もハニカム構造で強化されているらしいので、ちょっと羨ましい。

でも・・ハニカムってボコボコしてるから、ゴミ噛みやすいんじゃないの?大丈夫?

シャッター幕の強度は上がっても、結果として壊れやすくなっては・・と心配になる件。

 

 

f:id:inodango:20180715030457j:plain

お次はFA。マルチニコンとは一体、どういう事なのか?

 

 

f:id:inodango:20180715030459j:plain

キャッチコピーに漲る自信。

 

 

f:id:inodango:20180716030539j:plain

FEより続く伝統、溢れ出す支配欲。

 

 

f:id:inodango:20180715030507j:plain

逆光時の露出補正を入れなくても、プログラムオートでこんなに写るよ!ドヤァ!・・という図。

たぶんこの構図だと、中央重点測光の旧機種では画面中央の空で露出を取るから重度のアンダーになるところ、FAならマルチ測光でこの通り人物もシルエットにならず綺麗に写りますよ!という事なんだろう。

マルチニコンのマルチって、測光方式の事か。

 

 

f:id:inodango:20180715030516j:plain

要約すると「スゴいものがコンパクトに纏まってんだぜ」という話。

とにかく世界初で凄いんだ、という事なんですが、今や部品払底によりデジカメよろしくほぼ修理不能なんですよね。

そこんとこ、やっぱり機械式には勝てないね〜。

 

 

f:id:inodango:20180715030615j:plain

こちらはカメラ総合カタログ。

あ、このカメラはデザイン整ってるな、凄く良いな〜と思って調べてみたら、なんとジウジアーロでした。

80年代って本当にジウジアーロ祭りなんだね。

 

 

f:id:inodango:20180715030621j:plain

でもコイツの方がもっと格好良い・・・!!

時代的にファーストガンダムの後だからなのか、大河原デザインの息吹を感じるようなSF感漂う仕上がりが素晴らしい。

PENTAXにもMZ-Sという松本メカっぽい上面を持つカメラがあるけど、あれは90年代成分が少し邪魔をしていると思うんだ。

もしMZ-Sのガワが80年代に作られていたらもっと濃ゆい、カッコいい物になったのでは・・と惜しまれる。

やっぱりレイジ・マツモト風といえばソニースカイセンサーだよねー。

おっと、脱線脱線。

 

 

f:id:inodango:20180715030626j:plain

あ、これ父が持ってたやつだ。

定価3万円らしいけど、今作ったら5万でも済まないような気がする。

 

 

f:id:inodango:20180715030707j:plain

どうせ値段が書いてあるだけでしょー、とあまり期待してなかった価格表。

 

 

f:id:inodango:20180715030637j:plain

あっ・・相関図付きで凄くいっぱい載ってる。良い意味で思ってたのと違う。

これは当時の「現行機種」を知る手がかりになったり、当時の定価と現在の中古価格との比較にとても便利なのでは?

 

 

f:id:inodango:20180715030632j:plain

カメラも、レンズも、全部余す事なく載っている。

修理中のFEの定価が意外と安かったり、修理不可で待機中のFAが結構良い値段だったり、F4ズームと舐めていた25mm-50mmが135mmF2に迫る10万円オーバーのプライスだったり、眺めているだけで楽しめる。

 

 

・・・で、FAの修理どうしようかな。(まだ悩んでいる)

 FEとレンズ2本で5万円オーバーの修理費は確定しているので、正直かなりキツい。

はじめに相談したキィートスさんとユーシーエスさんは部品払底で修理不能、次に相談した横浜の某修理屋さんに至っては返事すら来ないという有様で、なんだかなーという状況です。

やっぱり新品の保守パーツがないと中古の状態の良い個体から引っ張ってくるしかないので、修理をしたのにまた故障、という可能性もあり得るんですよね。なのでFAの場合は総合的に「ハードルが高い」という印象が拭えない。

その高いハードルを越えるか越えないかは・・・う〜ん。判断が難しいですね〜。