ゴミの山からこんにちは

 

 うちは家を建て替えて既に20年ほ経つのだが、昔の家(かやぶき)にあったものを祖父母父母がテキトーに新居へブチ込んでしまった事に加えて、日頃から遺憾なく発揮される極度の貧乏性によって溜め込まれた、懐かしさと憎らしさと汚さの結晶ともいうべきゴミ物の数々が全く整理されず、糞味噌に混ざり合うカオス空間が形成されていた。

その状況に遂に耐えかねた我々は、遂に家中の整理を始めるに至ったのだッ!

 

先週末に第一弾と称してメスを入れたキッチンは、要らない食器でゴミ袋12個がパンパンになるという驚愕の事態となった。

あ、そうだ。その前に貰い物のタオルを50枚くらい処分して、段ボール4箱分(ぎゅうぎゅう)まで減らした話もあったか。

・・では、今週おかだんご氏がほじくり出した氷山の一角を紹介しましょう。

 

※写真のEXIFと©︎の印字は面倒なので今回はナシ。諸君らの良心を信じよう。

f:id:inodango:20180531214253j:plain 「容疑者宅から押収された証拠品の数々ごっこ」かと思ったが、どうやら違うらしい。

まずは何があるのかを把握するところから始めないと!との事で、分かりやすいように仕分けをしているようだ。

では、これらの素敵グッズの中から、珍品かつ衆目に晒しても大丈夫そうなものを幾つか見てみよう。

 

f:id:inodango:20180531163144j:plain

これはまさかの、リンゴが収まっているアレじゃないか?

こんなの取っといて何に使うんだ??

何かの役に立つかも・・を繰り返す事20年。その間に何かの役に立った事は、一度でもあるというのだろうか。 

 

f:id:inodango:20180531165103j:plain

これは・・・ストロー!?

もしやこの細切れ感、枕の中に入っていたであろうアレなのか?

百歩譲って枕の調整に使う可能性もあるかもしれないが、何故これを食品庫に仕舞ってしまったのか。

整理とは何か。片付けとはなんなのか。心のモヤモヤを掻き立てられるアイテムだ。

 

f:id:inodango:20180531164901j:plain

さぁこれも何か入ってるぞ。蓋を開けてみよう。

 

f:id:inodango:20180531165530j:plain

うわぁ・・これは多分アイスが入ってた容器だ。

こんなに大事に取っておくだけ取っておく人、コレクター以外にも居るんですね。

キッチンからは鏡餅に乗っていたプラスチック製の橙(蜜柑)が幾つも出てきたので、もう、性分なんでしょうね。

 

f:id:inodango:20180531172328j:plain

これは私が昔使ってた書道用の筆と、母が使っていた絵筆。

使い古しなので筆としての寿命は尽きているんだけど、掃除に使えると思って取っておいたのか。

残念ながら箱の底には毛を食い荒らしたカツオブシムシの死骸が点々としていて、掃除用にすら使えない状態です。

正直、写真を載せるにもギリギリ・・というラインでした。

ぱっと見は大丈夫そうだけど、よく見るとヤバいという例ですね。

 

f:id:inodango:20180531213440j:plain

大根おろしに、おろし金。暫定8個。

それもおろし具合に拘った結果の8個じゃなくて、なんとなく溜まった8個。

8人掛かりでおろす事なんて・・一生ないですよねぇ。

 

他にも新品のキッチンバサミが6個出てきたり、兎にも角にも、同じ物の数が凄い。

使う用、観賞用、保存用、布教用。これでようやく4個だぞ?*1

 

まぁ、なんにしてもね、いらん物多すぎ!!

 

掘っても掘っても四次元ポケットみたいに物が出てくるし、出したら出したで家中が濃縮還元糞味噌ミックスジュースと化す。

そもそも20年以上、一度も使ってないようなものが9割以上を占めている家ってなんなんだ。旧家の倉じゃあるまいし、代々受け継ぐような値打ちのあるものなんて何処にあるって言うんだ?

 

何処にもないだろうがよぉ〜!

リンゴのネットなんか相続したって、どうしようもないんだよぉ〜〜!!

 

何にしてもホコリが凄いので、私はぜんそくで死なないようにアレルギー薬だけ完備してユルく手伝おうと思います。

※次回のお片づけ日記は「時代の風を感じるぜ☆イカすアイテム大発掘!」(仮題)をお送りします。

 

 

*1:ちなみに普段使ってる物はノーカウント。それも入れたらどんだけだよって。本当にすごいね!