めー、でろ!!

  

f:id:inodango:20180502182808j:plain

 

遡ること約3週間。

近年恒例となっているトマトの種蒔きをした。

まずは卵の容器の底に水切り穴を開けた発芽用ポットに腐葉土と竹炭を入れ、一昨年に採っておいた種を埋める。

何株も発芽させて、最終的に生育の良い苗を4株まで選別しないといけないので元は出来るだけ多いほうが良いのだけど、昨年は雨のせいで殆どの実をやられて種が採れなかったので、一昨年の残り18粒を全て投入。

 

f:id:inodango:20180502182813j:plain

 

品種は「世界一トマト」という戦前からある固定種。

今時のF1種*1トマトより風味が優れていて、食べると身体中の細胞が喜び震えるような感じで美味しい。

トマト嫌いのおかだんごですら美味しいと言っていたから、その辺はたぶん間違いないと思う。

茶封筒に書いてある「十番一号種」というのは、一昨年に発芽させた10本のうち十番目の苗で、その株から最初にできた実から採種したので一号、という意味。自分で勝手に決めた規則だから多分普通はこういう書き方はしないと思うけど、自分が分かればそれで良いんだな。

 

f:id:inodango:20180502182815j:plain

 

で、下にスチロールの皿を敷いて日当たりの良いところに置いたら完成。 

あとは芽が出るのを待つだけ。

毎年ちょうど7日後くらいで土から顔を出してくるので、今年も楽しみだな〜

 

・・・なんて思いつつ1週間が過ぎ、2週間が過ぎ。

もう3週間近く経つのに、なんで芽出ぇへんの??

オカシイなぁ。途中でさむーい日もあったにはあったけど。

そもそもナス科の種って長命だから、2年くらいでダメにはならないのよ??

 

普段はちゃーんと冷蔵庫で保管してたし、18個全部が全部ダメってのは流石に考えにくい。

そうすると気温か、水気の問題だよねえ。

土が乾かないように水は毎日ちゃんとあげてるし、去年までは水浸しでも問題なく芽は出てたし。

あとは気候の問題・・・なのか??

 

最近おかだんごが蒔いたミツバとかスティック春菊なんかはとっくに芽出てるんだけどなー。

なんでかなー??

 

 

*1:雑種第一代。病気に強く育てやすい、形が不揃いになりにくい、流通ダメージに強いなど「工業製品のような量産性と歩留まりの良さを備えた野菜」という無理難題を成立させる為の品種改良によって生まれた。今では市場に出回る殆どの農作物はF1または遺伝子組み換えとなっている。F1は当代しか種(しゅ)の特徴を保持できず、子の代へ繋ぐことができない。品種「改良」と聞けば耳心地は良いが、事実上の量産型キメラである。逆に昔ながらの固定種はF1より姿が不揃い傾向であるが余計な掛け合わせがない分美味しく、種(しゅ)が固定されているので世代を重ね土地毎の風土により適した形で順応する事ができる。それが生物としての「普通」なのだが、普通が普通でなくなってしまうのが現代というもの。ちなみに私の2017年重大ニュース第1位は独バイエル製薬の米モンサント社買収交渉成立の件であった。そして日本政府のTPPゴリ押し→農協リンチ→種子法廃止のコンボがもたらす絶大なアシスト力。世捨て人度が高まる昨今である。あぁ末恐ろしや。