釣りと、文化的上流下流の話。

 

世間はGWも終わって一段落。

うちはおかだんごと2人して、そのほとんどを居間でコロコロしながら過ごしておりました。

 

そんな中で唯一出掛けたのが、昔馴染みの釣り場の下見。

20年くらい前に行ったきりだったので、状況が変わってそうだなと思って恐る恐る覗いてきました。

 

結果としては、けっこう・・いや、かなり変わってた。

川一番のワンドは水害の影響で流木だらけ、堤防の工事と相まって人が入りにくくなり、草は深く生い茂って、かつてを飛び回っていたテトラポットの上はかな〜り釣りに不向きな状況になっていました。

たぶんキャストしようとしても何かに引っかかって、物理的に無理なんじゃないだろうか。

 

ワンド自体はとても良い状態で、いかにも大物が潜んでいそうな雰囲気だったので本当に惜しいんですけどね。

そのぶん魚も、悠々自適の生活を送れているのかもしれない。

 

水門周りはほぼ止水域で期待値も高く、実際に釣り人が3人くらい居たのでたぶん釣れる・・んだろうけど、水面から3m近い場所からの釣りになるので、大物が掛かるとショボい竿ではランディングが難しいだろうなー、なんて思いながら眺めていました。

 

しかしあの時釣っていた若者たち、見た感じ遊漁券は持っていなかっただろうな。

もし持ってたら、腕章なんかに入れて提示している必要がある筈だから。

 

もし日本で釣りをする場合、大抵は管轄の漁協で「遊漁券」という「魚を取ってもいいよ」という許可証を買う必要があって、うちの近所の川でもブラックバスを釣る際は「雑魚券」*1なるものを買うよう決められているんですよね。

昔は鮎や渓流魚(ヤマメ、アマゴ、イワナ)を釣る時だけ買う必要があったのですが、漁協に改めて確認を取ってみると、現在はたとえ外来魚でも雑魚扱いで有料(年券2000円、1日券500円。安い?)になるようです。*2

確かに90年代のバス釣りブーム以降は不良グループまで揃って釣りに興じていたので、近所の池の周りや川べりはゴミだらけ、という状態が続いていました。そりゃ外来魚でも管理費取ろうって話になりますよね。

むしろ釣り禁止にならなかっただけ有難い、というレベルの話かもしれないのですが、都会での生活経験やおだんごの話を総合して考えると、どうやら娯楽の殆どない田舎では「不良層のハイカラな釣り進出率」が都会より高いのではないか?という気がします。

 

じゃあ実際に、おかだんごの実家の方はどうなのよ、と彼方の漁協の遊漁料ページを覗いてみると・・・

「子どもたちが川でたくさん遊んでほしいという想いで、無料にしています。」

・・・ですってよ!!!

しかもめっちゃサイトデザイン気合い入ってる。なんなんだこの格差*3は。。

 

流域の人口が5倍〜10倍近く違うので、財政的な余裕が桁違いという部分もあるのだと思いますが、それ以上に文化的な、思想的な部分が影響しているような気がしてならないんですよね。

それも、人口や自治体の立地条件からくる質的・量的リソースの違いという諸々の事情を全部ひっくるめた上で最終的に「子どもたちが川でたくさん遊んでほしいという想いで無料にしています」と言えてしまうかどうかの違いって物凄くデカくない?という所に、強く引っかかりを感じます。

 

都会って、文化的発信地としての「上流」に当たるんですよね。

で、そこから伝播した情報に倣うことに甘んじている「下流」の田舎は文化的に遅れているから、極端な話、言ってしまえば「野蛮人の集まり」という事にされている、という一面があったりする訳です。

例えば、私が今住んでいる町は鹿猟用の焼却炉を何億もかけてわざわざ新造したのですが、かたや「死んだ犬猫は廃棄物だから燃えるゴミと一緒に出せ」と言って、未だにペット用の火葬窓口が設けられていません。

またゴミ焼却炉を建て替える際にカネをかけるのが嫌で「そんなもん埋め立てたらええ」と高温焼却できない前時代的な仕様の焼却炉を建てたり*4、これは本当に21世紀の日本なのか?と耳を疑う話が次から次に出てくる、ある意味「凄い」町なんです。

 

で、何故そこで私が耳を疑ったのかといえば、それは「自分の頭が現代の西洋的・都会的基準に沿っているから」なんですね。

価値観の是非は抜きにしても、この話を聞いて田舎の為政者(老人)が如何に時代に取り残されているか、という落差に唖然としない人は居ないんじゃないか?と思うし、価値観を含めて考えたら最後、多くの方が野蛮的な意味合いで「田舎やべえな!」との認識に至る可能性が高いのではないでしょうか。

 

思い返せば、この辺りでは90年代まで「夏に家の前をオッパイ丸出しで歩いているお婆さん」 の姿を彼方此方で見かけることができました*5。それは都会の人からすれば多分「田舎やべえな!笑」となるだろうし、かつてのご老人と同世代(大正生まれ以前)であっても場所が東京だったなら、流石にオッパイ丸出しなんて事は出来なかったのでは、と思います。

 

私自身は他人に対して「野蛮」という言葉を使うことは是し難いと思っているし、むしろその言葉を用いた側の野蛮さを浮き彫りにするだけだと思っているのですが、時代の流れとその地域的、文化的格差によって、社会的に否応なくその二文字に当てはまってしまう事はあるよなぁ、地域間格差半端ないわ・・などと釣りの話から大きく脱線しつつ考えてしまったのでした。

 

本家の釣りは、今度おかだんごの実家に帰った時にでも楽しもうかな。

 

 

 

*1:遊漁券は漁協または釣具店で販売している。

*2:うちの近所の川の遊漁券の価格です。価格は川によって変わります。

*3:見るからにお金は掛かっていないが、毎日河川情報の更新があって実用的。見た目に騙されてはいけない。

*4:赤字にあえぐ隣町ですら炉の建て替えの際、現代的な高温焼却炉にしているし、ペットの火葬窓口もある。つまり、うちの町の政治家とそれを支持する人間の思想の後進性が問題の本質なのだ。人口減少に負けない地方都市の生存戦略を考えたときに、このような後進性では勝ち目などない。つまり私の街は隣町に比べて圧倒的に頭の悪いクズが多い、と言う事だ。頭の良い奴ほど都会に出たっきり帰ってこないので、結果的にバカがクズを選ぶ地獄絵図になる。言葉は悪いが、これがブラック田舎の真実だ。実際に他所と住み比べてみても、断然住み辛いのだから間違いない。私は事情で実家に戻ってきたけど、田舎への移住を考えている人には絶対にオススメ出来ない。まさに泥舟だ。足枷のない者は今すぐ脱出を!(愚痴)

*5:私はこういう田舎の大らかさって大好きです。古き良き昭和的な。だからと言って自分まで乳出して歩こうとは思わんけどな。