釣りの話

 

f:id:inodango:20180427185136j:plain

中学生の頃、お小遣いを貯めて買ったTEAM DAIWA-Sベイトリール。

かのジウジアーロによる美しいデザインで、当時25000円くらいだったかな?

釣りに行かなくても眺めているだけでニヤニヤできるし、ベアリングに支持されたスプール(糸巻き)を指で弾いて回せば、どこまでも回り続けるかような快感を味わうことができて、ほんとうに最高だった。

去年、ハンドスピナーという手の上でくるくる回すだけのものが流行ったけど、私にとってはベイトリールのスプールがその役割の一端を担っていたのかもしれない。そう考えると、人間の快感原則なんていつの時代も変わらないんだな、と思う。

当時はバス釣りブームの真っ只中で、友達を誘い合って、誰も彼もが池へ川へと釣行へと出かけていた。

一番大きいので45センチ位のを釣ったことがあるけど、高校以降は疎遠になって殆ど仕舞ったままになっている。

 

f:id:inodango:20180427192448j:plain

ルアーも色々買った。見ての通りの、クランクベイト好き。

特にシャロークランクが可愛い。

前はもう少しあったけど、地球を釣って泣く泣くお別れしたことが何度かあった。

高めのものも頑張って買ったけど、結局ダイワのピーナッツIIが一番釣れた、というのは良い思い出。

もしルアーフィッシングを始めたい人がいたら、これさえ買っときゃ間違いないので、覚えておいて下さいね。

800円足らずで素晴らしいフィッシングライフが約束される稀有なルアー、ピーナッツII。

 

f:id:inodango:20180427192517j:plain

 また買うだけでは飽き足らず、木材を削り出して「自分で作る」ことにも情熱を注いでいた。

本の情報で「手作りルアーはバルサ材で作る」ということは知っていたけど、当時は「バルサって何?そんな木近所に生えてないけど?」みたいな脳みそだったので、その辺に転がっていた木片を削って、中をくり抜いて、バラストを埋め込んで、形を整えてたら塗装・・という我流の極みで作っていた。

どれも実用品として、水中で魚の動きをするように「お風呂での水中試験」を経てから完成させている。

真ん中のT.Dクランクもどきは全て木材削り出しで、ミノーのリップはプラ板を積層して作ったんだっけかな?

左のペンシルに至っては斑点を焼き色で付けたことを覚えている以外、殆ど記憶がない・・。

 

f:id:inodango:20180427185140j:plain

他にも予備・・というか観賞用に取ってある新品のリールが何台もあったりする。

当時買えなかったものをネットで発見(しかも超安い)し、コレクションに思わずポチってしまう事、ありますよね。

 

最近おかだんごが「釣りに行きたい」って言うので、使ってみたいな〜とは思うんですけど・・。

やっぱり変に思い入れがあると使いにくいですよね。

 

そもそも昔のベイトは淡水専用で海に連れていけないので、新しいのを買うしかないんだけど、最近のダイワリールはオラオラ系のデザインで品がないし、シマノも美しさを極めたような「そそるモノ」ものが、あと一歩で無いんですよね。

どうするだぁ?