史上最高のエキゾースト・ノート

 

 

f:id:inodango:20180307194746p:plain

  

完全に出オチだが、史上最高のエキゾースト・ノートを奏でるエンジンは、日本車初、そして現在でも唯一のル・マン24時間耐久レース総合優勝車、マツダ787B(写真左)が搭載するレーシング4ローター・ロータリー、R26Bだろう。

一般的にはフェラーリのV12あたりが有力候補になる?のかもしれないが、残念ながら私は一度もその音に惹かれた事がない。

 

R26Bはエンジン1回転あたり計12回*1の点火(排気)が行われるが、レシプロ12気筒は4ストロークのため、エンジン1回転あたり6回しか点火できない。R26Bのレブリミット9000回転*2に対してフェラーリの3リッターV12は17000回転まで回るが、悲しいかな点火回数では4ローター8500回転相当となるため、惜しくもR26Bに負けるのだ。

音は時間あたりの媒質(空気)の振動回数が多いほど高くなるので、理屈ではフェラーリよりマツダの方が甲高い音を出せるわけだが、「最高のエキゾースト・ノート」となれば幾ら理屈をこねたところで意味がない。

やはり低回転域からの盛り上がり方を含め、魂の琴線に触れてくるかのような要素が不可欠になる。

しかし、このR26Bは理屈抜きにその「音色」が素晴らしいのだ。 

  

きっと街ゆく人に「日本の名車は何か」と聞けば、トヨタ2000GTを筆頭にスバル360など、歴史に輝く往年の車たちが名前を連ねる事だろう。その中で「787B」と答える人が少しでも居てくれたら嬉しいし、このとてつもなく凄い車の存在をもっと多くの人に知ってもらえたら良いな、と思う。

 

*     *     *

 

ちなみに上の写真はちびちびプレイしている「グランツーリスモ6」のフォト機能で撮ったもので、舞台は787Bに因んだサルト・サーキット。今回初めて写真機能を使ったのだが、画角だけでなくF値シャッタースピード流し撮りのタイプまで細かく設定できて本当に驚いた。車の挙動だけでなく、こんな所までシミュレート出来るなんて、本当に手が込んでいる。

しかし、良いことばかりではない。

GT5の頃には「サルト・サーキット24時間耐久」という、現実の時間で24時間走り続けるというモードがあった。

よくぞやってくれた、と燃えに燃えて、787Bを駆って実際に24時間走ったことがあるのだが、いくらなんでも長すぎる!という苦情が多かったのか、GT6では「ル・マン24min」に改められていて、何をどう解釈すれば耐久レースなのか意味がわからず、しばらく目が点になるほどガッカリした覚えがある。

私のように24時間フルで走り切るのを楽しみにしている人はこの世に殆ど居ないと思うが、せめて240分あたりで決着をつけることは出来なかったのだろうか?

6はシミュレートの出来が良いだけに残念でならない。

 

*1:エンジン1回転中に1ローターあたり3回、ローターは全部で4個なので3×4=12回。

*2:エンジンは10000回転で24時間走っても壊れないが、ギアボックスが耐えられないという理由で9000回転に設定されている。