プラモデルの話【その3】

 

 

f:id:inodango:20180220174232j:plain

 

最後はファインモールド1/72 サボイアS.21試作戦闘飛行艇(架空機)です。

映画「紅の豚」の主人公、ポルコ・ロッソの愛機としてご存知の方も多いと思います。

発売当時、地元の模型店には入荷がなかったのでファインモールド本社に電話して、ストレート組み用に1個、劇中での改装再現に1個、ジェットエンジン換装後(if)用に1個の計3個をまとめ買いしました。*1

ジェット化については映画のエピローグでフィオが自作の水上機を飛ばしている姿があるものの、「低速域弱くて戦闘艇には向いてなさそう」「海水の飛沫でエンジンがダメになりそう」なんて考えているうちに廃案になったため、劇中の前期型(左)と改装後後期型(右)の2機のみを製作*2しています。

台座はタミヤのショーケースで、底面にラッカーパテをヘラで粗めに塗り、あえて無塗装のままにしています。手軽にコンクリートっぽい感じが再現できて気に入っているのですが、この手法は一般的なんだろうか?(自分が発明したと思ってるパターン) 

 

f:id:inodango:20180220174229j:plain

 

麗しい機体に映える赤。説明書の指定通り、クレオスのモンザレッドです。

塗料瓶へ直に筆を突っ込んでそのまま一気に塗りあげていますが、けっこう綺麗に塗れているんじゃないでしょうか。

排気管の色は指定のものでなく、当時新発売のタミヤエナメル「チタンゴールド」を塗ったような気がします。

黄色すぎず白すぎず、赤に映える気品ある色で、我ながら結構良いチョイスだな〜と思います。

 

f:id:inodango:20180220174225j:plain

 

こちらは劇中で故障→カーチスに撃墜された後、ピッコロ社でフィオの手により再生された後の姿。

現在はこの状態のキットも発売されていますが、当時は勿論そんな物もなく、文字通り改造での再現となりました。

通常版からの変更は二点。ラジエターとオイルクーラーの位置・形状変更(プラ板で新造)と、機体前部の補助席の追加です。

実際の作業では「紅の豚 フィルムブック」を片手に絵を描いて、改造箇所の形状や大きさを頭へ叩き込むことに時間を使いましたが、なにぶん元がデフォルメされた手描きアニメのため「カット毎に形状が違っていてどの絵が本当か分からない」という事が判明し、ジブリも結構いい加減だな〜、なんて思ったのは良い思い出です。

劇中ではエンジンも換装しているので実際はエンジンナセルの形状も異なるはずですが、 ラジエターの形状ですら怪しいのにそんな微妙なラインまで追求できるか!ということで元のままになっています。(たぶん少し角ばって縦長になるのが正解な気がするけど、手抜きをしたい性分なのでこれで良いのです。)

あと、主翼下と垂直尾翼デカールを貼っていないのは機体が製造中だから、という事にしています。手抜き大好き。

そんなこんなですが、今でもこの二機は大事にケースに入れて飾ってあるのでした。

小さくて場所を取らないというのも重要だけど、「ちゃんとケースを買う」というのが長生きの一番の秘訣なんだなぁ。

 

 

f:id:inodango:20180220174222j:plain

 

というわけで、全3回に渡り長々とプラモの話をしてきたいのだんごの現在のストック(未解決の課題)がこちら。

右側に積み上げている車は全部作りかけで、真ん中から左は未開封の山となっております。 

寝かすとデカール劣化するし、早く作りたいんだけど、つい「きれいに作りたい」と思ってしまって、いつの間にか勢いで作ることができなくなってしまいましたね。

車やロボットなんて、まともに完成したことが1回くらいしかない気がする。

 

リハビリとして作るなら鍾馗*3陸奥かなー。

鍾馗常陸教導飛行師団版が欲しいけど絶版で手に入らない!と嘆いていた頃に、じゃあこっち、と購入した松本零士先生のザ・コクピット版。その後念願の教導未開封品が手に入ったので、練習用には良いかな〜ということで。

陸奥エッチング付きフルハル版に、リテイクパーツと最新パーツ付きの艦これ版を組み合わせて自称最高の「1/700フルハル陸奥」を作りたいと思っているので、そこで余るはずの一隻分を練習用にしようかな、という感じです。

さて、どうしよう。。

 

  

*1:当時はネット直販がなかったのです。

*2:その後、映画でカットされた幻のラストシーンでターボプロップエンジンに換装しているS.21の設定が実在することを知る。ジェット化案はあながち間違いではなかった。

*3:日本陸軍の二式(単座)戦闘機のこと。皇紀2602年に制式化されたので二式。かの有名な零戦は2600年制式化でゼロ。単座は一人乗りという意味。いのだんごは陸軍の制式戦闘機の中で一番格好いいと思っている。映画「風立ちぬ」で有名な堀越二郎氏の九試単戦のように、数多ある制約の中で若き設計者達の理想と野心が結実した「純度の高い結晶」という感じが機体の端々から滲み出ているアツい飛行機(と思っている)なのだが、世間的にはなぜか人気が低い。ちなみに一番「美しい」と思う戦闘機は零戦二二型。